音探し音遊び

wow-pipeやら普段の生活やら

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| - | | - | - | pookmark |
久しぶりメモ
 約2ヶ月も放置してしまいました。
今後は更新頻度を増やしたい、なぁ、と思います。
さて、
テンプレートを初めてまるまるいじりました。
いやー、時間かかった。
初めてのことなのでメモがてら。
 

続きを読む >>



↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| その他 | 00:19 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年2月20日の100年前
前期の研究の中で調べた、「未来派宣言」ですが、
先月の20日、2009年2月20日で100年記念だったそうです。

うっかりしていた。
未来派宣言自体は、
1909年イタリアの詩人フィリッポ・マリネッティによってフランスの新聞「フィガロ」に発表されました。
その中でも私が中心的に調べていた音楽分野の「未来主義音楽家宣言」は
1910年フランチェスコ・バリッラ・プラテッラによるもの
 (未来へ開かれた精神と、あらゆる過去の模倣・影響による、個人の音楽的感性の解放、という感じ)
で、ルイジ・ルッソロの「雑音の芸術」にいたっては1913年。
    (最も複雑であろう不協和音の進行と、音楽的雑音の創造という感じ)


現在につながる芸術の幅を広げた未来派宣言。
ハプニングや、インスタレーション、サウンドアートといった音の面白さの転機となった未来派音楽活動。
100年前なのですね。


音楽関連に気をとられ、母体である未来派宣言の年日がすっかり抜けていました。


100年を記念して、
こんなイベントがやっていたそう。


イベント当日の2月20日は展示の初日、しかも時間的にはゼミで打ち上げしていた頃。
当然行けませんでしたがすごい面白そうなイベントだなぁ。
各パフォーマンスの概要読んだり、アーティストのHP見るだけでも面白い。
胎児?火花?料理?頌歌?

しかも35名限定。どんなイベントだったんだろう…









↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| その他 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クナイフ ライブ!1月23日
以前紹介した楽器「クナイフ」のライブがあるそうです!
しかも今回はスペシャルなライブらしい!



[ ゾルゲルプロ ] EXPERIMENTAL ART&FESTIVAL@トウキョウワンダーサイト本郷
【2009年1月23日(金)】
ゾルゲルプロ
『ゾルゲル音楽』
出演: 子安菜穂、鈴木携人
日時: 2009年1月23日(金) 18:30開演/18:00開場
料金: 500円
[WEB]http://www.tokyo-ws.org/archive/2009/01/experimental-sound-art-festival.shtml

[地図]http://www.tokyo-ws.org/hongo/map.htm
■プログラム
水の動きを利用して音に変化を与えるガラスでできた自作吹奏楽器「クナイフ」とスライムを楽器として演奏。流動体に息を吹きこむ事によって生まれる音楽。圧倒的な流動的空間。
(クナイフHPより)
 
クナイフHP http://naokoyasu.com/
 


 
トーキョーワンダーサイトの公募企画に出るそうです!すごい…
しかも今回はクナイフ+スライムということで、これまでとはまた違った音がパフォーマンスになるそう。
私は残念ながら卒制真っ只中なのでいけません…
が、絶対面白いことになると思います!
時間が合う方は是非観に行ってみて下さい!
 

 




↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| その他 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グラスの割れる音…


久しぶりにグラスを割ってしまいました。
しかも1日に2個も。




意外とショックなものです。22歳にもなってこんな…
一つ目は皿洗い中に。二つ目は食器棚から転がるように。
グラスなんてそうそう割る事はないのに…まさか1日に2個も割るとは…
ちょっと落ち込み、母に「明日買ってくるね…」と謝りました。


今回落としてしまったのはひとつ100円の安いグラスだったんですが、
落として割れた時の音は、「パリーン!」というよくあるイメージの音とは違いました。
安いグラスだったせいか、もっと軽い、「パシャーン!」という感じといいますか。
突然の出来事で録音などしていませんので(当たり前)お聞かせできないうえに、
家中のコップを試すこともできませんが、
意外にあの「パリーン!」というイメージ通りの音は出ないものですね。

コップに限らず、擬音と実際の音のずれは結構あるものだなと感じました。
前から気になってるのは救急車の「ピーポー」の音の高低です。
口に出すとき、どっちがどっち?高い方が「ピー」?





しかしコップを割るのはもう不注意意外何でもないですね。
グラスは勿論、それ以外のことにもちゃんと気をつけたいと思います。






↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| その他 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
はじめまして
はじめまして、大学4回生のin-ou-cといいます!

私は今、大学の卒業制作で
「音の鳴る装置」の制作を行っています。

「音の鳴る装置」というのは、音が鳴る「楽器」との差別化を図る為の呼び名です。

2者を補足すると…
「楽器」は音を鳴らすことが主な目的です。
一方で私の制作を進めている「音の鳴る装置」は、
音を鳴らすことを前提として「音(聴覚)に限らない楽しみ方・パフォーマンス性」を
持つということを目的としています。
詳しい考え方や既存の参考楽器等、後々このブログにアップします。

このブログでは、制作記録を主として音探し音遊びを進めていきます。

ご意見やご感想、ご指摘などいただけると嬉しいです!
よろしくおねがいします◎





↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| その他 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログランキング投票フォーム
↓クリックで応援よろしくお願いします!
PROFILE
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS