音探し音遊び

wow-pipeやら普段の生活やら

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 久しぶりメモ | main | 自然美? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| - | | - | - | pookmark |
10
ガス・ヴァン・サント,ガス・ヴァン・サント
ジェネオン エンタテインメント
¥ 2,630

今、仙台でガス・ヴァン・サント監督の「milk」が上映中です。
私は残念ながら未だ観ていないのですが、ずっと楽しみにしていたので、観ようと思っています。
で、ガス・ヴァン・サント監督と聞いて私が思い出すのが「エレファント」です。
初めて友人と映画館で観た時の情景まで覚えている、好きな映画のひとつです。
上の、amazonのお勧めに入れてあります。


「エレファント」はアメリカのコロンバイン高校の銃乱射事件を題材にした映画なのですが、
丁度今月の4月20日で、事件から10年だったそうです。(こんな話ばっかり…。)
日付までは恥ずかしながら覚えていなかったので、タイムリーで、びっくりしました。


この映画は、惨劇を大げさに描くわけでもなく、事件についてああだこうだ言うものでもなく、
独特のカメラワークを用いて数人の高校生の事件当日の暮らしを描いていく、というものです。
ドラマにせずリアルさを求めるためか、出演する高校生は、全員が一般の高校生で、
セリフも多くがアドリブ。授業受ける子もあり、ランチしながらガールズトークする子もあり。

劇的な盛り上げは無く、描かれるのがあまりにも「日常」で、それぞれの生活の中で、
突然「事件」が起こった、という事実が生々しく描かれていて
気持ち悪くなるくらい、衝撃的でした。

観終わってスカッとするとか、目の前が明るくなるとかはなりにくいと思います。
むしろ、ますます分からなくなる。途方にくれてしまう。

でも激しい題材でこんなにも静かで、危うく、生々しい映画はそうないのではないでしょうか。
すごく好きな一本です。
(まとまらないままですみません)



ちなみに、同じくコロンバイン高校の事件に関する「ボウリング・フォー・コロンバイン」は、
マイケル・ムーア監督のドキュメント映画です。
この事件において浮かび上がった社会問題などを追っています。
MYU学生なら交流棟(カセックやるとこ)で観れます。私はそこで観ました。
結構映画が色々あってよかった気がするなあ、
座席・時間選択を間違えると全然集中できなかったのを覚えています(笑)




↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| 映画 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト




↓クリックで応援よろしくお願いします!


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
| - | 00:16 | - | - | pookmark |
 コメント
 コメントする










 この記事のトラックバックURL
http://in-out-c.jugem.jp/trackback/21

 トラックバック
ブログランキング投票フォーム
↓クリックで応援よろしくお願いします!
PROFILE
SELECTED ENTRIES
  • 10 (04/26)
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS